• HOME
  • BLOG
  • FOOD , WEDDING
  • 飲み残しゼロへ。ウェルカムにもギフトにもなる、たらいに入れた瓶のドリンクたち

飲み残しゼロへ。ウェルカムにもギフトにもなる、たらいに入れた瓶のドリンクたち

FOOD

おしゃれでSDGsなドリンクのおもてなし

ウェディングやイベントで提供されるドリンクをもっとおしゃれに楽しく、かつSDGsに貢献できるヒントをお届けします!

フリードリンクで余った分はどうなるの?

結婚式のドリンクはほとんど100%に近く「フリードリンク」制度になっていますよね? けれど、飲み放題のドリンクをご提供するためには、足りなくならないようにと必ず多めの量を用意しなければなりません。

・・ということは、あまったお酒や飲み物ってどうなるの?

おもてなしの文化の裏にある見えないお金

もちろん、ご提供にいたらなかった分は、次の出番のために再度保管されるものもあるとは思いますが・・次の出番までに、品質がおちてしまうものについては、当然「廃棄」される運命です。

飲料そのものだけではありません。容器、梱包材、捨てるための人的労力、事業ごみとして処理するための代金、にまでお金がかかる、ということは、ちょっと考えれば、あたりまえなんですが、なかなかあえてそこに目を向けることはあまりないかもしれません。

もちろん、ゲストに、十分なおもてなしがしたい、ゲストに不自由なおもいをさせたくない、というお二人のお気持ちはわかります!

しかし「おもてなし」の裏側に、環境への負荷という重荷もあるということを、二人の未来を創る結婚式だからこそ、ちょっとだけ立ち止まって考えてみませんか?

飲みきりの瓶ドリンクは、ウェルカムタイムを彩ります

海外のウェディングサイトから「おしゃれだから」ということで人気に火がついた「たらいにはいった瓶のドリンク」じつはこれ、とってもエシカルな演出なんです。

ウェルカムコーナーに置いておくと、装飾がわりに見栄えもしますし、ゲストには、ご自身のお好きなドリンクを選んでいただいて、「あ、こんなのがあるー」「私はこれがいい!」「どれ選んだの?」など会話も弾んで楽しみが広がるきっかけに。

余った分はギフトにも。空き瓶はインテリアにも。

瓶ドリンクならば、開封したものは、ほとんど飲み切っていただけます。万が一残っていてもわずかな量ですみます。開封してないものなら、ゲストにギフトでお持ちいただけます。

空いた瓶がおしゃれなインテリアや、装飾に変身しますので、そんな事例のギフトカードをそえても素敵。もちろんそれでも余ったらお二人にお持ちいただいて、結婚式の余韻に浸りながら飲み干した後も、家に飾って楽しんでいただけます。

できるところをちょっとずつ。

とはいえ、ゲスト人数が多い場合は、ドリンクすべてを瓶ドリンクにする、というのも、それはそれで手配労力や、扱いが大変なことになりかねません。。要するに、バランス感覚かな、と思うのです。

楽しみながら、できるところを、ちょっとずつ。

ぜひヒントになれば嬉しいです!


YOU MAY ALSO LIKE・・・

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。